​About

“こども食堂まる”とは

 

一般的な“こども食堂”では、本当に貧困対策や交流の場となっているのか?

本当に支援が必要な子どもが来ているのか?ということがわからないという課題があります。

 

私たちは普段のかかわりの中で、様々な事情の家庭を把握してお声を掛けています。

 

実施日:月2回  第2・4金曜日 

 

あわら市内のこども園という組織を活用し、法人連携をしています。

地域の方々の力も借りて、共に生きる社会の実現の1歩を踏み出しています。

 

法人連携:伊井こども園・いちひめこども・金津東こども園・北潟こども園・白藤こども園・善久寺こども園・細呂木こども園・本荘こども園・妙安寺こども園

​Management

“こども食堂まる”の運営

 

私たちはこども食堂だけの拠点ではなく、地域共生・交流の拠点として機能しています。

児童館を運営していたことがベースとなり、いろんな子どもや大人、地域のおじいちゃんおばあちゃんも出入りしています。

こども園では虐待の早期発見など、「予防」という意味でもこども食堂は生きています。

地域との連携がとれているので、そのネットワークを活用し、

今、何がその子にとって必要なのかを考えながら、活動の月2回だけではなく普段の居場所と生活の支援もしています。

 

食材:

公的機関だと保管場所や冷蔵庫がないという問題がありますが、

私たちの施設では設備を整え、日曜・祝日以外ならいつでもお野菜など持ってくることが可能です。